PR|初めてでも安心の高松のラウンジ|

私は中学生の頃に、家族と一緒に3泊4日で沖縄旅行をしに行きました。
そして、本当に沖縄名物の料理って美味しい物ばかりということを知りました。
私は中学生の頃は特に沖縄県に興味が無くて、一生に一度は沖縄県に行って見たいな~と思うくらいでした。

 

でも、実際に家族と一緒にに3泊4日で沖縄旅行をした時は、どのホテルで出される沖縄名物の料理も全て美味しくて、ドライブをしている時に寄った食堂で食べた沖縄名物の料理も美味しくて、食いしん坊の私は行って良かったな~と思いました。まず沖縄名物の料理で定番の、最初に泊まったホテルの夕食で出たゴーヤチャンプルーやラフテーが美味しかったです。

 

ゴーヤチャンプルーもラフテーもその時初めて食べたのですが、ゴーヤチャンプルーはゴーヤの苦みがあまり感じなくて、かつお節の味が効いていて弾力のあるお豆腐やふっくらした卵と柔らかいゴーヤの相性が良くて、まさに沖縄を代表する料理という味がして美味しかったです。

 

そしてラフテーもとっても柔らかくて、脂身がたっぷりと付いていてジューシーでお醤油やお砂糖の味が豚肉によく浸み込んでいて、とても美味しいお肉料理でした。自分では豚肉をこんなに柔らかく料理出来ないな~と思い関心しました。

 

それから沖縄県の幻の紅芋も、蒸かしたものを食べたのですが自然な甘味があってほっこりと柔らかくて、普通のさつまいもとはまた違った味がして美味しいな~と思いました。

 

紅芋は中がとっても綺麗な紫色をしているので、最初見た時はその鮮やかな色に驚きました。でも味は見た目とは違って優しい味わいで美味しかったです。家族と一緒にドライブをしている時に立ち寄った食堂で、生の紅芋が売っていて欲しいな~と思い家族が買ってくれないかな~と思ったのですが、生の紅芋は飛行機の中に持ち込んではダメだということが分かり、生の紅芋をお土産として持って帰るのは断念しました。また沖縄県に行って蒸かした紅芋を食べたいな~と思っています。

PR|内職 アルバイト|ショッピングカート|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の選び方|童話|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|四季の童話集|オーディオ|